TOP

RaLCシリーズ製品情報/製品別機能一覧

機能比較表

○は標準装備OPはオプション対応

No.機能名RaLC-
Pre
RaLC
Std.
RaLC
Exp.
RaAP-
Pre
RaAP
Std.
RaAP
Exp.
RaFLOWRaFLOW
Lite
RaLOCA
機能概要
1モデルレイアウト機能
モデルの新規作成、編集機能
2物流ワークフローOPOPOPOP
物流センター向けのワークフロー
3物流ワークフロー For PlantOPOPOPOP
構内搬送作業向けのワークフロー
5物流モデルライブラリ
物流センター向けのライブラリ
6生産設備ライブラリOPOP
生産設備向け汎用ライブラリと生産工程チャート
7投入データ生成機能
生産・物流ラインにデバイスからデータを投入
8タスクマスター
編集不可

編集不可
各デバイスへの詳細動作設定
9シミュレーションエンジン
離散シミュレーションの計算エンジン
10分析レポート生成
シミュレーション分析結果のレポート出力
(Excelマクロ)
11投入データ ファイル読込みCSVのみCSVのみ
xml,CSV形式で書かれた投入データの読み込み
12配布モデル生成機能OPOPOP
シミュレーションモデル配布用実行形式の生成
13MS-Access連携機能OPOP
MS-Accessからの投入データ等の読込み
14スクリプト機能OPOP
スクリプトによるユーザプログラム作成
15アドオン機能OPOP
ユーザプログラムをアドオンするための枠組み
16WMS連携OPOPOPOP
WMSとの情報交換機能
17ピッキング順組み換え機能OP
GA(遺伝的アルゴリズム)を使用したピッキング順組み換え機能
18位置センサー連携
各種位置センサーからの位置情報取得
19CAD I/FOPOPOPOPOPOPOPOPOP
各種CADフォーマットの読込み
(VirFit Agent)
20RaLOCAコントロール機能
ロケーション検索の各種機能
21自動モデリングスクリプトop 必須OPスクリプトop 必須OP
外部I/Fでモデル構築

動作環境

OS Windows 7 / Windows 10 (※Windows 8 には未対応)
※OSは64bit版でも(32bitモードで)動作します。
※一部OSでは、Microsoft Visual C++ 2008 ランタイム・ライブラリが必要になります。
CPU 2GHz以上を推奨(高速であるほど良い)
メモリ 4GB以上を推奨。最低2GB。
グラフィックス グラフィックスアクセラレータは必須、OpenGL対応であること。
また、できるだけ高性能なものを推奨。ノートパソコンでも稼働しますが、
描画速度はモデルサイズの大きさに依存します。
マウス 上記OSで使用可能なホイール付マウスが必要です。
ハードディスク インストール時に300MB必要。
シミュレーション実行時、モデルファイル、ログファイルなどの格納領域が必要です。
その他 ・プロテクトキー用にUSBポートを1つ使用します。
・OS、ソフトウェアは最新の状態でのご利用をお勧めします。