TOP

ケーススタディ

シミュレーションソフトを使った物流作業検証をケーススタディ形式で紹介して参ります。
RaLC導入ユーザー様はシミュレーション作成のヒントとして、RaLC導入検討中ユーザー様はシミュレーターの活用事例・導入効果としてご参照下さい。
その他サンプルモデルに関しては、サポートセンター(ralc_support@cec-ltd.co.jp)、または担当営業にお問い合わせ下さい。

RaLC/RaAP
ライブラリーファイル_01
「複数ワーク搬送ライブラリー」

新たに作成したライブラリーファイルをご紹介いたします。


複数ワーク搬送ライブラリー

下記ご要望に対応するライブラリーです。

  • ワークが●個以上になったら搬送したい
  • 1回で●個のワークをまとめて搬送したい

これらの動作をシミュレーションしたい方、ご参照ください。

RaLC/RaAP
“よくあるご質問”(FAQ) _12
「csvファイルの参照方法(TABLE_CMD)について 」

RaLC/RaAP サポートセンターへ頂く“よくあるご質問”を抜粋して、解決法を御紹介致します。

「csvファイルの参照方法(TABLE_CMD)について」

  • TABLE_CMDはcsvファイルの作成や、csvファイルの編集が可能です。
  • TABLE_CMDを使い、csvファイルでシミュレーション条件を設定したモデルであれば、シミュレーション条件変更作業は[csvファイルの編集]です。
  • [csvファイルの編集]で条件変更が可能な為、シミュレーション条件変更工数を削減出来る場合があります。

主な用途

  • 自動倉庫からの出庫時刻や出庫対象品を、予め作成したcsvファイルを使用して、指定時刻に出庫するシミュレーションを行う。
  • 入荷データ/ピッキングデータ/仕分けデータ等の各種条件を、予め作成したcsvファイルを使用して、シミュレーションを行う。

タスクマスターコマンドをお使いの方、ご参照下さい。

RaLC/RaAP
“よくあるご質問”(FAQ) _11
「複数の作業員で値を共有したい…値を更新したい… 」

RaLC/RaAP サポートセンターへ頂く“よくあるご質問”を抜粋して、解決法を御紹介致します。

「複数の作業員で値を共有したい…値を更新したい…」

 [MEMORY_CMD]を利用すると、複数作業員間で値を共有したり、値を更新する事が出来ます。

 タスクマスターコマンドをお使いの方、ご参照下さい。

RaLC/RaAP
“よくあるご質問”(FAQ) _10
「搬送器具上のワークを取得したい…」

RaLC/RaAP サポートセンターへ頂く“よくあるご質問”を抜粋して、解決法を御紹介致します。

「搬送器具上のワークを取得したい…」

 [GET_DEVICE_NAME_IN_ORDER]コマンドを利用すると、搬送器具上のワークの[デバイス名]が取得出来ます。

 その他[PICKUP_WORK]コマンドや[FOR]コマンドに関する説明を記載しております。

 タスクマスターコマンドをお使いの方、ご参照下さい。

RaLC/RaAP
“よくあるご質問”(FAQ)_09
「[@@]から始まるシステム変数について 」

RaLC/RaAP サポートセンターへ頂く“よくあるご質問”を抜粋して、解決法を御紹介致します。

「[@@]から始まるシステム変数について 」

[システム変数]を利用すると、シンプルなロジックが構築出来ます。

タスクマスターコマンドをお使いの方、ご参照下さい。